願えば叶うねと君が言うから

「いらっしゃいませ、お嬢様。」と言われた日から、お嬢様になりました。

2017年の終わりに思うこと

また1年が無事終わろうとしています。

無事、というのは、無事大河くんがジャニーズで、無事MADEで、無事秋山大河でいてくれているということです。

望むのはただそれだけ。

今までと同じことが、またこの先もありますようにと、願うのはいつもそれだけ。

ただそれが、あれもこれもと増えているのは、とても嬉しくて、とてもありがたいことです。

バック仕事もコンサートも舞台も来年もありますように。

連載も、雑誌もテレビも、来年もありますように。

 

なんか今年、大河くんいい顔してませんでした?

これまでの、我々そっちのけで、ステージと音楽の、その世界とだけ真っ向対峙するみたいな大河くんを、息を潜めて拝見させていただくのも大好きだったんですけど

今年はなんか、大河くんが大好きなその空間に、我々も含めてくれているような、

うまく言えないんですけど。

優しいっていうか。なんだろね。

自信があるのかなとか、やりたいことやれてる充実感かなとか。思っても推測でしかないので推し量るのはやめましたが。

なんかキラキラしてて、まぶしくって美しくって、うらやましかったです。

 

大河くんにとって、2017年は、25歳の1年間はどうでしたか。

 2018年はどんな年にしたいですか。

また私は、今年あったことが、来年もありますようにと願っています。

生き生きと楽しそうにステージに立つところが、たくさん見れますようにと。

1年間お疲れ様でした。たくさんのありがとうを。

来年もよろしくお願いします。たくさん期待しています。

足下をすくわれるようなことがありませんように。

信じています。